本当に建設会社が求めている求人とは

建設会社は地域の発展に貢献しており、モノづくりを中心として安全で高品質な建築物を提供してきています。昔から伝わる技術や知識を生かしつつ新たな技術の開発にも携わり、コスト削減や工期短縮などの実現も可能としている業界です。働く人には高齢者が多くなっており、若い人たちに技術や知識を伝えることが急務になっています。しかし、大変な職場という印象からなり手が少なく、バイトや派遣社員を雇っている企業も少なくありません。暑さや寒さが厳しい中でも外で行う業務も多く、注意しなければけがにつながる危険も多い職場ですから、求人で求められている人材は多岐にわたっており、それぞれの企業の得意としている業務によっても違ってきます。すぐに辞めてしまうような人は、企業にとって大きな損失です。モノ作りが大好きで、技術を習得してくれる若者が求められています。

コミュニケーション能力が高く言われたことを実践できる人物

現場では自社の職人だけでなく、協力会社の人が多数かかわって業務を行っていくのが一般的です。このため、コミュニケーションしっかり行い、自分のやるべき仕事の把握ができたり、工程に遅れが出ないように作業を進めることができる人材が求められます。何かあった場合に、現場責任者が知らなかったということがないよう、どんなことでも報告や相談を行い、すべての人が情報を共有しておく必要があります。一部の人が知らなかっただけで、現場に支障をきたす可能性もありますから、建設会社の求人では、はきはきと話すことができる人が求められることが多いです。作業が効率的に進められるためにも、指示されたことをコツコツと作業してくれたり、自分の仕事が終わったら率先して手伝いを行えるなど、行動力があることも大切です。声掛けやあいさつがしっかりできていれば、現場が円滑に進みやすくなります。

資格を取得して向上心がある人材

専門学校や建築にかかわる大学を卒業するなどして、建設の仕事に対する知識や技術を持っており、なおかつ仕事に役立つ資格を有している人は、即戦力として企業も広く求人を行っています。しかし、まったく未経験であっても、やる気を持っている人に対しては、企業が費用を出して資格取得を後押ししています。講習会や技術指導に力を入れている企業も多いので、本人が向上心を持っていれば企業にとってプラスになる人材になることが可能です。努力を惜しまない人は、先輩や上司がよく見ていますから仕事を行う上でサポートを受けたり、より実績を積むことができたりします。失敗を恐れず、取り組む姿勢があることも重要です。充実した仕事を行うほど、達成感が得られやすくなります。資格を取得したり知識を得れば、やれることがどんどん増えて仕事の幅が広がります。