これから生き残る建設会社に求められる求人

建設業界は長引く不況の影響で、リストラや新規採用者の求人募集を取り止めるなど、極めて厳しい時代を経験してきました。しかしながら、東日本大震災に伴う復興事業のといった特需や2020年に開催が決定している東京オリンピックに係る各種施設の建築や改修工事の増加、日本経済の回復により、各種企業がインフラの整備に乗り出したことから業界全体が好景気となってきました。しかしながら、これまでの人件費の節減対策により、労働者の高齢化と若年労働力の不足は深刻であり、ついに政府は外国人労働者の受け入れ拡大に踏み切りました。しかしながら、これは一過性の措置であり、根本的な解決に至るものではあり、業界に求められるのは、若年労働力の確保に向けた取り組みであることは言うまでもありません。

求人を得るために必要な業界全体のイメージアップ

若年労働力の確保に向けて大切なことは、業界全体のイメージアップを図ることです。建設業界と言えば、賃金・給与水準が低い、長時間労働、重労働が当然であるといった労働条件の厳しさだけが、イメージとして先行していますが、現実的には実際に建築に従事する作業員のほか、設計技師や測量技師などの技術職や建築コストを専門的に算出する事務職など多岐にわたり、どの職種もやりがいのあるものばかりです。建設業界が、若年層の求人を確実に確保するためには、こういった仕事の魅力をもっとアピールすべきですし、業界に必要な人物像を明確に示すことが大切です。その上で、効果的な採用計画を策定し、戦略的は雇用対策を施すことが求められます。さらには、労働条件の改善も必要ですが、賃金については、自治体が発注する公共工事については、労務費がアップしており、その兆しを見せています。

業界に求められる若年労働者の人物像

建設業界が好景気へと転じようとしている状況の中で、各会社が生き残るために求める求人は、日本の業界を将来にわたって担う人材であり、各会社は責任をもって彼らを技術者もしくは高いスキルをもった社員として育成していかなければなりません。そのために求められるものは、対人関係においては、しっかりとコミュニケーションが図れる人物であり、かつ、常に向上心をもって業務に取り組む姿勢を持ち合わせていることです。どのような仕事であれ、コミュニケーションは大切ですが、特に作業現場では、一人で仕事はできませんし、意思疎通の不足が人命にかかわる事態を引き起こすことにもなりかねません。また、技術は日進月歩で進化していますから、これまでの慣習にとらわれず、常に新しいものを吸収し、現場に活かそうとする前向きな姿勢が求められるのです。