建設関係の求人率が上がっている

建設業界では、様々な職種で人手不足の状態が続いており、求人率はどの会社も高くなっています。そのため、キャリアアップや年収アップのために就職や転職を考えている人にとっては、今が絶好のチャンスと言えるでしょう。具体的に求人票を見てみると、施工管理や設計といった専門的な知識を必要とする職種だけでなく、営業や事務、施工現場で働く職人など様々な職種で、たくさんの求人が出されていることがわかります。新卒の学生から、40代や50代の管理職まで、幅広い年代の人を対象とした求人が出ているので、どの年代の人にとってもチャンスがあるのもこの業界ならではの特徴です。人手不足が続いているということは、それだけ採用されやすくなっていることを意味しているので、就職活動や転職活動で苦戦を強いられている人は、この業界に目を向けて見る価値はあると言えるでしょう。

異業種からの転職も歓迎されている

これまで建設関係の仕事をした経験がない人が、転職して活躍しているケースも目立っています。まったく経験や知識のない業界へ転職してしまうと、これまでに培ってきた仕事のスキルや経験が無駄になってしまうと思われがちですが、決してそんなことはありません。建設関係の会社でも、取り扱う商品がこれまでと違うだけで、日々行っている業務は一般の製造業やサービス業の企業とほとんど変わりません。異業種から転職してきた人に対しては、新人研修などの再教育制度が完備されている会社が多く、職場の上司や同僚たちも特別にサポートしてくれるので、短期間で仕事を覚えて活躍している人も多くなっています。異業種への転職は不安がつきまとうものですが、見聞を広めたり、自分の可能性を押し広げるチャンスであり、勇気を持ってチャレンジしてみる価値があるのは間違いないでしょう。

就職や転職しやすくなるスキルや資格

現代社会においては、どの業界、どの職種であっても、基本的なパソコンのスキルを持っていたほうが就職しやすくなります。どんな業種の会社でも、日常的な業務で表計算ソフトやワープロソフト、メールソフトを使用するため、これらのソフトウェアに関する操作スキルがあることを証明できれば、それだけ就職が有利になります。パソコンの操作にそれほど自信がないという人は、転職をよいキッカケとして、もう一度自分のパソコンスキルをブラッシュアップしてみるのもよいでしょう。社会人向けのスクールに通えば、1ヶ月から2ヶ月で十分なスキルを身に着けることが可能です。また、事務職を希望する人は、建設業経理の資格を取っておくと、面接の際にライバルたちに差をつけることができます。簿記の知識がある人なら、それほど長期間勉強しなくても資格の取得が可能です。

バスツアーやイベント、セミナーを開催しておりますのでぜひお越しください。 ポラスプランニングキューブ「暮し発見舘」は千葉県松戸市にございます。 ウッドスクエアポラテック本社ビルは、埼玉県越谷市にあり2012年にグッドデザイン賞を受賞しました。 注文住宅だからこそ、「一流のお客様対応」にこだわります。 全ての工程を自社で行っているため、中間マージンがかからず価格に反映できます。 注文住宅を埼玉でお探しの方へ